筋膜リリースの第一人者、マイケル・スタンボロー氏による『筋膜リリースセミナーin京都』

マイケル・スタンボロー ichael Stanborough
MA, Advanced Rolfer®, Director of Structural Integration Australia

 マイケル氏は、理学療法士/作業療法士/マッサージセラピストなどの専門職に向けてより深い専門知識や最新技術の普及に尽力を注ぎ、20年以上の経験をお持ちです。またエチオピア・韓国・シンガポール・米国などで教鞭をとりアジア・米国・ニュージーランド・オーストラリアでの臨床経験も豊富に持つ筋膜リリースの第一人者でもあります。

筋膜リリースセミナーでは以下を重点的に学びます
1. 筋膜の解剖生理学
2. 分子生物学や神経科学などの最新エビデンス
3. 緊張や疼痛のある頸部・肩部・仙腸関節周辺部位・腰部・呼吸障害をもたらす胸部への具体的なアプローチ

可動域が狭まってしまっているクライエントへの臨床上アプローチとして、結合組織筋膜への効果的施術をどのように行うかという知識の習得は必要不可欠です。筋膜結合の可動性を保つことによって、身体全体はより機能し、積み重なったストレスや圧迫による衰弱から開放されます。筋膜自体が変化するにつれて、軟組織への手技は神経—筋系統において目を見張るほどの変化を引き起こします。身体全体の緊張や機能不全は、筋緊張や呼吸抑制・姿勢などへのストレス反応として私達の習慣として形成されています。

ご受講を検討されている方へ
残席あと2名様!まだ受付を致しております。

日程: 2019年7月4日(木)・5日(金)
費用: 86,000+税 (受講には国際母子ケア協会へのご入会が必須条件となります)
主宰: 一般社団法人 国際母子ケア協会
場所: 京都市北区小山下総町38-7
TEL/FAX:(075)468-7082
e-mail:info@kokusaiboshi.jp

※詳しい内容につきましては、先ずは詳細資料をご請求ください。